あなたは知ってる?海外向けサイトの運営方法!

日本向けサイトと同じでは駄目

海外向けのサイトというと、日本のサイトを多言語化しただけのサイトも少なくありません。日本と海外では文化も違いますし、それはインターネットの世界でも同じです。実際、SNSなど海外から日本にも上陸しているサイトで、日本人にとって使いにくいユーザビリティなサイトを経験したことのある人も多いのではないでしょうか。
海外向けサイトを構築する際には、実際に海外ではどのようなサイトが人気で利用されているのかをしっかりとチェックしていくことが大切になります。日本人としての感覚だけではなく、どうしてこのようなスタイルが海外では受けるのかをしっかりと把握することによってより海外でも愛されるウェブサイトの構築が可能になるのです。

より伝わりやすいイメージや映像を活用

海外向けのサイトを構築する上で、ECサイトなどでは特に重要となるのがイメージ画像や映像を活用するということです。日本向けのサイトであれば基本的な写真とテキストによる詳しい説明があれば問題ないケースがほとんどです。しかし、これが通用するのは日本人の識字率がほぼ100%だからで、日本の識字率は世界でもトップになります。しかし、世界の識字率は平均で約80%となり、公用語が2言語以上存在する場合や移民が多い国などでは識字率がかなり下がってきます。海外向けということは、そういった方にもアピールできる手法が必要になるので、より魅力や内容が伝わりやすいイメージや映像を活用していくことが必要になってくるということです。

© Copyright Professional Translation. All Rights Reserved.